私たちの住んでいる銀河系はどのくらいの大きさか?数はどのくらいあるか?

私たちの住んでいる地球は銀河系の中にあります。夜空を見上げるといろいろな星が瞬いています。ところでこの銀河系、どのくらいの大きさかご存知ですか?また地球のほかにどのくらいの星が銀河系の中にあるのかも気になりませんか?このような素朴な疑問に対する答えについて、まとめました。

1.銀河系の大きさはどのくらいなの?

銀河系の大きさは直径にすると大体10万光年といわれています。1光年が1京メートルといわれています。10万光年となると大体直径10垓メートルくらいになります。あまり見聞きしない単位ですが、10垓とは0が21個付くことを意味します。これだけ見ても、気の遠くなるような大きさであることがわかるでしょう。確かにその中の星の一つである地球だけでもすべてめぐるのは大変です。銀河ともなれば、それよりもはるかに大きなスケールになるわけです。

・銀河の大きさはまちまち

私たちの住んでいる銀河のほかにも、いろいろな銀河が宇宙の中にあると推定されます。その大きさはまちまちです。小さなものになると数千光年レベルのものもあります。また銀河は時間が経過するとほかのものと合体することもしばしばです。合体することで、今後成長する可能性も大いにあるわけです。

2.星の数はどのくらい?

次に気になるのが銀河系の中にある星の数がどのくらいになるか、です。恒星だけでもだいたい2000~4000億個存在すると推定されます。しかも恒星の中には周囲を公転する惑星や惑星の周囲を回っている衛星があります。これらの星をすべて含めると、先ほど紹介した恒星の数億倍の星が存在しているかもしれません。このようなところを見ても、銀河系のスケールの大きさが何となくわかるでしょう。

・銀河も無数の存在

私たちが暮らしている銀河系は宇宙で唯一ではないです。ほかにも銀河は無数に存在しています。この全貌は今なおつかめていません。現時点では宇宙全体で1~2兆個銀河が存在しているといわれています。もちろんそれぞれの銀河の中に星があります。そうなると宇宙の中の星の数になると、想像もつきません。まさに天文学的数字という言葉がぴったりです。

3.まとめ

銀河系とは、いかに雄大なスケールになるかがお分かりになったでしょう。長年人類が研究しているテーマですが、まだ詳しいメカニズムや仕組みについて、わからないことの方が多いかもしれません。それもこれだけのボリュームになると、致し方なく感じられます。

Categories: